トップ

学校の学生証について

学校とマイナンバー

メイク

学校で学生証として利用希望

企業や学校では、2016年1月から希望者に配られる予定のマイナンバーカードについて、一括申請ができるようにする方針を固めているようです。このマイナンバーカードとは、日本に住んでいる全ての人に割り振られる、税と社会保障の共通番号になります。ひとりひとりが、12桁の番号をもつことになります。この番号の他には、氏名、住所、本人の顔写真などを表示し、ICチップを搭載したカードになります。身分証明書としても使うことができるため、一部の学校ではこのカードを、学生証として利用したいとの要望がでているようです。

マイナンバー新情報について

今年6月の年金情報の流出問題により、マイナンバー制度の開始が不安視されていたものの、今月28日、医療や預金口座分野への拡大を含め、マイナンバー法はいよいよ改正案も可決されました。そして、10月5日付の住民票登録住所宛てに、国民に12ケタの番号が付番され、郵送されてきます。何かと不確定な情報が多いこの制度ではあるが、今月、学校や職場にて「個人番号カード」取得のための一括申請が認められるという報道がありました。従来であれば、通知カードとともに同封されてくる申請書により個々人で取得するとされていた個人番号カードが学校などの様々なコミュニティで申請できるようになることにより、個人番号カードの申請率が上昇することが期待されます。

↑PAGE TOP